地方の薬剤師さんは服薬指導が丁寧です。

ほんとに薬って水で飲まなきゃ駄目なの?

「お薬は水で飲んで下さい。特に、安定剤や睡眠導入剤はアルコールと相性が悪いので、できるだけ時間をあけて、できるだけお酒は少量で飲むようにしてください」
といつも言ってる私。いや、私だけじゃなくて、普通の薬剤師は普通にこんな感じのことを言うだろう。
そんな中、ちょっとした質問が薬局内を騒がせた。
「でもさー、アルコールを少量だけしか飲んじゃ駄目って、年寄ならいいけど若い人ムリだよね。飲み会とかめっちゃあるじゃん。そういう時って絶対飲まされるじゃん」
「ていうか、どれくらい間を離したらいいのかな」
ちょっとヒマだったので、こういう話をする機会があったのです。
確かに会社の飲み会とかあったら断れないし、友達との飲み会だって断りたくないよね。
「私は寝る前って言ってる。家に帰ったら、相当飲んだ時以外は結構アルコールさめた感じになるよね」
「でも、さめた感じになったって、結局アルコールは体に残ってるじゃん」
「「うーん」」
確かに、鼻の調子が悪いだけで、アレルギーの薬(鼻の調子を良くする薬。これもアルコールと相性が悪いのです)を渡すときにアルコール飲む時に気を付けろって言ったら、「じゃあそういう時は薬飲まないからいいや」と言ってあっさり帰った人が過去にいたのです。
「ピロリ菌の二次除菌もアルコール駄目だよね」
「でもピロリなら一週間で終わるし、本人も本気で治したいだろうから頑張るんじゃない?」
「まぁそれはそうなんだけどね。あ、そういえばこないだ、精神科の処方箋持ってきた人がいて、アルコールには気を付けてって言ったら、『いつもだいたいそう言われるけど、この薬飲んでもう10年たつし、普通にお酒も飲んでるけどなんともないよ』って言ってきたの。10年とか言われたらなんか何も言えなかったんだよね~」
そんな中、私は複雑な気持ちでいました。
私は不眠で睡眠薬を飲んでるんだけど、誰にも言ってないからこの場では言えないけど、……実は毎日晩酌しててビールで眠剤飲んでるんだよね……。なんかその精神科の人の言ってること、分かる気がする。
と心の中で思ったけれど、誰にもその意見は言えずに、みんなの話はどんどん続き、私はちょっと無言の薄い笑顔でその話を聞いていました。
ちなみに、アルコールと相性の悪い薬の話は、結論がでないまま、今度はどんどん患者さんが来たので話は中断されました。
みんなめんどくさいからだろうけれど、以後、その話はでませんでした。
これを読んでるみなさまはきちんと水で飲んでください。
かかりつけ薬剤師の方は元々関東出身で地方には高額年収の求人を見て赴任してきたそうです。もっとたくさん薬剤師さん来て欲しいなー。
http://薬剤師求人地方.net/⇒このサイト参考にするといいよ♪