出来てしまった胸ニキビを改善したい!胸ニキビを治す方法とは?

胸ニキビが出来てしまったらどのような対策を行うのが良いのかを紹介します。

胸ニキビが出来る主な原因はホルモンバランスの崩れによるものなので、乱れたホルモンバランスを整えてあげることが必要です。

ホルモンバランスが崩れることで肌の角質が厚くなって毛穴を塞いでしまいます。毛穴が塞がれてしまうことかで皮脂が詰まりそこから炎症が起こります。この炎症が胸ニキビとなります。

胸ニキビはホルモンバランスが乱れたことによって皮脂が詰まりやすくなり、肌の代謝、つまりターンオーバーが崩れてしまうことで引き起こします。なので、胸ニキビの対処方法は肌のターンオーバーを整えることを心がけます。

肌のターンオーバーを整えるセルフケア方法として「ピーリング」が挙げられます。入浴時にピーリングを行うことで肌の代謝を良くします。肌の代謝が良くなることでホルモンバランスも整うので胸ニキビの改善につながるのです。ピーリングを行うと肌から水分が蒸発しやすいのでしっかりと保湿をしましょう。

また、身体を洗う際に洗い残しがあると毛穴が詰まりやすい状態となってしまうので、シャンプーやリンス、ボディーソープや石鹸はしっかりとすすぎます。特に肌にシャンプーの成分が付着すると毛穴をより詰まらせてしまうので胸ニキビを引き起こしやすくします。髪を洗った際、シャンプーのお湯は胸あたりを流れていき、このお湯が肌につくことで毛穴詰まりを起こし、胸ニキビにつながってしまうので、お風呂で洗う順番は先にシャンプーで髪を洗ってから、ボディーソープで身体を洗うようにすればシャンプーもしっかりと洗い流すことができるので胸ニキビの予防にもなります。

身体を洗ったら、ぬるめのお湯でゆったりと身体を温めることでリラックス効果とデトックス効果が得られるのでホルモンバランスが整いやすくなり胸ニキビの改善につながります。ぬるめのお湯でゆっくり浸かることはストレス解消になるので、心身の健康を保ち、肌のターンオーバーも整いやすくし、胸ニキビの改善と予防効果を高めます。

胸ニキビを治したい!高校生のデコルテにきび対策!【決定版】というサイトでも胸ニキビについての説明や、ニキビケア専用アイテムを紹介しているので参考にしてみるといいですよ★